性風俗の歴史

日本の性風俗の歴史

日本の性風俗の歴史

性風俗は何年経ってもいつの時代も廃れることがなく脈々と続いています。

 

 

 

江戸時代まで、遡ると吉原を連想させますが、一時期、赤線というのもがありました。

 

 

 

それから色々な変遷かあって風俗もたくさんのサービスが出現したのです。

 

 

 

風俗の王様と呼ばれているソーブランドは、トルコ風呂と言われていましたが、今でも昔も最後まで行く事ができる風俗でした。

 

 

 

一方では、ヘルスという分野で店舗を構えて性的サービスを施してくれる所も出てきたのです。

 

 

 

といっても最後までのサービスはなく擬似的性交渉です。

 

 

 

このヘルスもファッションヘルス、イメクラ等の派生系も出てきました。

 

 

 

そして、ホテルの部屋まで訪ねてサービスしてくれるものまで出てきます。

 

 

 

今ではデリバリーヘルスと呼ばれていますがホテトルと言っていた頃もあったのです。

 

 

その性風俗もまさにネット時代かもしれません。

 

 

 

出会い系サイトもその性風俗の中に入ってあるのかもしれません。

 

 

 

ソーブもそうですか自由恋愛の名の下に性的サービスが存在しています。

 

 

けれども、風俗の最高峰は何といってもソーブランドだといっても過言ではありません。

 

 

 

赤線、遊廓等の流れを組んでおり、東京の吉原もソーブの全国の代表的なスポットとして有名なのです。

 

Powered by DHSQUARE

現在の風俗で遊ぶならデリヘルスクエア

 

※当サイトはデリヘルスクエア様の協力企画で一般ユーザーが制作したサイトを無料で公開しています。

昔からあった性風俗の文化は日本の歴史そのもの。

性風俗は昔から切っても切り離せないぐらい日本の歴史とくっついてきました。

 

 

性風俗の歴史を調べると、いつの時代も女性が歴史を支えていると言っても過言ではありません。

 

 

 

いつから女性は性を売り物にしてきたかは、ずっと昔の古代からです。

 

 

巫女は神様の使いのため、神様との交信のために男は巫女と寝ていました。

 

 

また、各地をてんてんとする舞子も、歌や踊りと一緒に性を売り物にしてました。

 

 

日本の道路が整備されるようになると、旅人が多くなります。

 

 

そして宿場ができるようになりました。

 

 

すると女性は、旅人の世話をするようになります。

 

 

洗濯をしたり、ご飯のお世話をしたりです。

 

 

こういう女性を「飯盛女(めしもりおんな)」と言います。

 

 

彼女達は旅人のお世話として、性行為も行っていました。

 

 

時代は進み、街には娼婦が溢れるようになりました。

 

 

すると娼婦を街の一角に集めた遊郭ができます。

 

 

お馴染みの花魁などの時代劇に登場するような場所です。

 

 

 

そして世界大戦が始まると、軍の指揮を高めるために従軍慰安婦ができます。

 

 

彼女達は軍を癒すため、一日に何人も相手をさせられました。

 

 

とはいっても高級売春婦としてかなり稼いでいた人もいたとか。

 

 

そして現在、風俗はキャバクラやデリヘルとして活躍しています。

 

 

歴史の中で初めて、女性が風俗を選べる時代になりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ